文化・芸術

[文化・芸術]


公現祭 歴史や文化遺産を題材にしたフェーブが人気 
Epiphanie : les fèves du patrimoine

Comme chaque 2ème dimanche après Noël, c'est l'Epiphanie, la fête des Rois. Une tradition célébrée, vous le savez, autour d'une galette, briochée ou à la frangipane, mais toujours avec la fève. Dans ce domaine, les artisans rivalisent d'imagination...

毎年、クリスマスが終わった後の2週目の日曜日は、エピファニー、公現祭です。ご存知のように、ガレットを囲んで祝うのが伝統です。ブリオッシュとフランジパンのものがありますが、いずれにしてもフェーブは欠かせません。この業界では、職人たちがアイデアを競い合っています。

video7N

transcript6N

<2019年1月5日  France 3-JTより  video 2分11秒 - script(試訳付き)1397文字  Photo : Galette des Rois Steph Gray 詳細は画像をクリック

 

 


 


公現祭 ローマ時代にさかのぼる王様のガレット 
Epiphanie : d'où vient la tradition de tirer les Rois ?

Le 6 janvier, c'est l'Epiphanie : c'est la présentation de Jésus aux Rois Mages, dans la tradition chrétienne. Mais cette tradition se résume simplement à la traditionnelle galette des rois partagée en famille. Mais que révèle cette tradition ?...

1月6日は、公現蔡。キリスト教の伝統では、東方の三博士へのイエスの顕現を祝う日だが、この伝統も今では、ただ単に伝統的な王様のガレットを家族で分け合って食べる日と化している。では、この伝統にはどのような背景があるのだろうか。

transcript6N

<2019年1月7日  France 2より texte(試訳付き)721文字  Photo : Epiphanie-Triptychon1詳細は画像をクリック